花に負けず劣らず

花もステキだけど木の温もりを感じてみませんか?

 

お花見のシーズンです。外に出られてお仲間と一緒に、ご家族と一緒にお弁当を広げたりして楽しまれることも多いでしょう。桜の花びらは美しく、それでいて心を満たしてくれるようですね。

 

ところで、桜というのは別にお花ばかりではありません。木材そのものも立派で見ごたえがあるものですね。特に枝ぶりがいい桜の木を見るとその雄大さに心を打たれるものです。

 

弊社は木材の質感を活かしたお部屋作りを承っております。昨今では自然派の生活空間を演出するためにも、あえて壁紙ではなく木材のクロスを利用したり、フローリングだけではない木質感の演出が増えています。

 

木材は一つとして同じ物はありません。それぞれに風合いがあり、木目で表される模様は味わい深いものがあります。また、こうした木の質感やぬくもりというのは、過去の建築様式でも盛んに使われており、日本人にはなじみが深い素材となっています。それゆえに、世代の枠を超えた共通認識をもっている素材ともいえます。

 

花の美しさもまたしかりですが、こうした木の質感を家の中でも感じられる・・・そういったお部屋へのリフォームに弊社は関わって参りたいです。

 

 

tikutaku20180405