住宅ローン控除というと新築や中古住宅をローンで
購入した場合に適用されるイメージが強いかもしれません。
しかし、住居のリフォームも条件を満たした場合に
ローン控除を受けられる可能性あります。
対象となるケースはまず自分たちが住居として
住まう場合のリフォームです。
ローン返済期間が10年以上かつ間仕切り壁を除く
家屋の壁や柱、床、階段、屋根などを
大規模にリフォームする場合や居室、調理室、浴室、
トイレ、洗面所、玄関、廊下の一室または壁の全部について行う修繕です。
ローンの年末残高1%を上限として
10年間にわたり所得税から控除を受けることが可能です。
またローンが10年に満たない場合も返済期間5年以上のリフォームローンで
バリアフリーや省エネ、同居対応、
長期優良住宅化と要件を満たすリフォームの場合も控除対象に当てはまります。
ローンのリフォーム工事費用の2%もしくは対象リフォーム以外の
工事費用相当分の年末ローン残高の1%どちらか少ない方の額を
所得税から控除される仕組みです。
また、ローンを使わない場合も
耐震・バリアフリー・省エネ・同居対応・長期優良住宅化の
要件を満たす場合も減税対象となります。
標準的な工事費用相当学の10%もしくは耐震、省エネ、同居対応、
長期優良住宅化は控除限度額25万円、
バリアフリーなら20万円のうちいずれか少ない額が控除されます。
所属税額より控除額が多いケースは所得税額が上限となるので注意が必要です。
ぜひローン控除を利用してお得にリフォームしてみてはいかがですか。