押入れリフォームにおいて特に需要が高いのが「クローゼットへの変更」です。
主な施工内容は内部を仕切る中板や天袋の取り外し
ハンガーパイプの設置、襖からドアへの変更などが挙げられます。
また、床や壁を貼り換えたり新しく仕切りや棚を設置するなど
希望や予算に合わせてリフォームすることが可能です。
逆に内側だけリフォームして襖のまま使うことも可能ですが、
衣服や物を出し入れする際に中が見渡せず使い勝手が悪くなってしまう可能性があります。
また、押入れは壁や床が木材むき出しの状態であることが多いため
カビや湿気に配慮してリフォームするとより使い勝手がよくなりますよ。